<object id="qu72t"><option id="qu72t"><small id="qu72t"></small></option></object>

<object id="qu72t"></object>

<object id="qu72t"><rp id="qu72t"></rp></object>
<font id="qu72t"><ol id="qu72t"><video id="qu72t"></video></ol></font>
<thead id="qu72t"></thead>

<object id="qu72t"><span id="qu72t"></span></object><font id="qu72t"><ol id="qu72t"></ol></font>

TOP > サステナビリティ > 社會性報告 > 地域社會とともに

地域社會とともに

社會背景

ISO26000では、地域コミュニティに參畫?貢獻することの重要性が、7つの中核主題の1つとしてあげられ、GRIスタンダードにおいても「地域コミュニテ?!工摔栅欷椁欷皮い蓼?。
その中で、地域社會への影響を把握するとともに地域社會のニーズを把握し、地域コミュニティとの強力なエンゲージメントを築くことが求められています。

ジェイテクトの考え方

企業行動規準の1つに「社會貢獻活動」

ジェイテクトは、企業行動基準の1つに「良き企業市民として社會貢獻活動を積極的に推進します?!工驋鳏菠皮い蓼?。
企業価値向上委員會の下部組織である社會貢獻ワーキンググループが主體となり、「地域社會」「青少年育成」「環境保全」「被災地支援」「社員の活動支援」の5つを重點活動5分野と定め、全社で社會貢獻活動を展開しています。

目指す姿

ジェイテクトは、社會貢獻活動を通じて、地域社會と良好な関係を築いていく中で、地域社會に信頼され愛されながら、共に発展することを目指しています。

ジェイテクトの考える「良き企業市民」

重點5分野の目指す姿

地域社會 青少年育成
対象:高校生以下
環境保全
※安全環境推進部主管
被災地支援 社員の活動支援
地域社會のニーズ?評価を把握し、身の丈に合った貢獻活動を継続して行っている 當社の文體活動?社業に関わる経験?知見を活かし、未來を擔う青少年が健やかに育つ助けとなる機會を継続して提供する すべての生き物が共生し続けられる環境づくりに継続的に參畫する 各地で起こる自然災害の被災地に寄り添った活動を通し、社員一人ひとりの參畫意識を高める 社員一人ひとりが當社の社會貢獻活動の目的を理解し、一人でも多く年に一度活動に參畫する。

2020年度の主な活動紹介

[ 地域社會 ]

全工場で地域懇談會を実施

各工場?事業場において、定期的に周辺地域や行政の方と地域懇談會を実施。
環境保全活動に関する実績報告や意見交換、工場見學などを通じて地域との良好な関係を築いています。
2020年度はコロナウイルス感染拡大の影響を受け、7事業場での実施にとどまりました。
(寫真は昨年度の様子)

地域懇談會

親睦を深める工場フェスティバル

従業員と家族、地域の方との親睦を深めるために、毎年、各工場?事業場が企畫し、ステージショー、ゲーム、従業員による模擬店販売などを行っています。
2020年度はコロナウイルス感染拡大防止の観點より全事業場にて中止致しました。



花園工場フェスティバル 花園工場で開催された工場フェスティバル。イベントや抽選會で盛り上がりました。
(寫真は昨年度の様子)

[ 地域美化活動 ]

地域美化活動に従業員が積極的に參加し、地域との共生を図っています。
2020年度は工場?本社?支社を含む國內全拠點の內6拠點で実施しました。
(寫真は昨年度実施の様子)

四國工場の清掃活動 東刈谷工場の清掃活動 本社の清掃活動
四國工場の清掃活動 東刈谷工場の清掃活動 本社の清掃活動

[ 交通安全の取組み ]

國內各拠點で実施している交通安全立哨をはじめとした様々な交通安全活動を、積極的に推進しています。(寫真は昨年度実施の様子)

交通安全

[ 様々な形で地域とコミュニケーション ]

地域懇談會、工場フェスティバルの他にも、さまざまな形で地域とのコミュニケーションを深めています。

地域との協定締結

秋田県?秋田市とジェイテクトSTINGSが連帯協力に関する包括協定締結
秋田県および秋田市と株式會社ジェイテクトは、2021年3月4日、「Vリーグ」で活躍するジェイテクトSTINGSに係る連帯協力に関する包括協定を締結しました。 ジェイテクトは、2017年に秋田県に自動車部品向けソフトウェア開発拠點として、株式會社ジェイテクトIT開発センター秋田を設立して以來、秋田県での雇用創出と地方創生に貢獻する取組みを行っております。締結式では、ジェイテクトSTINGSのユニフォームが記念として秋田県に贈呈されました。 この協定は、愛知県刈谷市、奈良県橿原市、徳島県に次いで4番目の協定となります。今後は秋田県におけるバレーボールの普及や競技力向上に努めると共に、地域の活性化にも寄與していきます。

【包括協定の內容】
1) 市民に対するジェイテクトSTINGSのPR
2) 小?中學生を対象としたバレーボール教室の開催
3) ホームゲーム開催時のスムーズな運営に向けての連攜協力
4) シティーセールス及び地域活性化

秋田県?秋田市とジェイテクトSTINGSが連帯協力に関する包括協定締結
【締結式の様子】
左から: 秋田市長 穂積様、ジェイテクト 佐藤社長、秋田県知事 佐竹様

徳島県、徳島大學、ジェイテクト3者協定締結について

徳島県,國立大學法人徳島大學と株式會社ジェイテクトは、移動式検査施設等の開発および災害時の利用體制の整備に向けて相互に連攜?協力することにより、徳島県における感染癥及び自然災害等による複合災害対策の強化を図ることを目的とした3者協定を締結しました。

<本協定締結の経緯>
2019年6月:ジェイテクトと徳島大學は、新産業創出と將來を擔う人材の教育?育成に向けて連攜?協力するための包括連攜協定を締結。
2020年3月:ジェイテクトと徳島大學が協働で、移動型試験施設を開発
2020年7月:徳島県內の醫療體制向上を目的として、本施設を移動式PCR検査施設に緊急改造し、徳島県立中央病院に設置

今後は、3者による本協定による取り組みを発展させ、感染癥及び自然災害等への対策を強化していく。

【3者連攜協力事項】
①移動式検査施設の考案及び開発
②ジェイテクト及び徳島大學が保有する移動型試験施設の災害時等における仕様変更、徳島県への貸出し及び被災地等での利用
③その他災害及び感染癥対策に資する移動式施設の開発及び検証

徳島県、徳島大學、ジェイテクト3者協定締結
【締結式の様子】
左から: 徳島大學學長 野地様、徳島県知事 飯泉様
ジェイテクト 林田執行副本部長

[ 福祉支援など ]

障がいを持つ方、高齢の方など、支援を必要とされる方を様々な形で支援しています。

豊橋工場 授産施設による訪問販売

豊橋工場 授産施設による訪問販売(寫真は昨年度実施の様子)
地元の障がい者就労支援施設の訪問販売を実施。
工場の食堂內に販売スペースを設け、施設の利用者さん手作りの種類豊富なクッキー等を販売し食堂利用者から大変好評でした。
また、自社で製造したマスクを地域の市町村や授産施設、高齢者施設などへ寄贈しました。

[ 環境保全 ]

環境分野における社會貢獻活動は、ジェイテクトにおいて大切なテーマの1つであり、環境部と協働し、各工場?事業場で地域の方とともに自然共生活動を実施しています。
活動紹介は、環境 > TOPICSにてご確認ください。

[ 青少年育成 ]

コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2020年度は実施できませんでしたが、モノづくり教室、スポーツイベントなどを通じて、地域社會の青少年育成に貢獻しています。

モノづくり教室(體験)
四國工場の清掃活動 東刈谷工場の清掃活動 本社の清掃活動
刈谷工場 
親子でモノづくり
本社 モノづくり教室
バレーボール教室

地域社會貢獻活動として「ジェイテクトSTINGSバレーボール教室」を事業場地域の中高生を対象として例年実施してまいりましたが、2020年度は実施を避け、バレーボール講座DVDを作成し、4事業場の周辺地域の9校(中學校、高等學校)に送付しました。

[ 被災地支援 ]

被災地チャリティキャラバン

募金箱の設置、自動販売機を活用した全従業員參加型の支援活動である「被災地支援チャリティキャラバン」を國內すべての拠點で実施しました。
8年目となる2020年度は総額150萬968円の寄付金が集まりました。
寄付金は、気仙沼市?南三陸町5校9チームの高校バレーボール部と「気仙沼あそびーばーの會」へ活動支援金として贈呈しました。

寄付金額

2013年からの累計金額

20,314,731円

被災地復興支援バレーボール教室

當社男子バレーボール部「ジェイテクトSTINGS」(Vリーグ所屬)が、 例年開催してまいりました、宮城県気仙沼市內での高校生を対象としたバレーボール教室は、今年度は中止致しました。
東日本大震災直後の2011年にバレーボールを通して元気を取り戻していただきたいという思いでバレーボール教室を開催してから継続してきた取り組みであり、事業場周辺地域への対応と同様に、バレーボール講座DVDをお贈りしました。

2020国自产拍精品网站不卡,噜噜色综合噜噜色噜噜色,成熟妇女性成熟妇女性色